障害年金の申請手続き

年金手帳障害年金の申請手続きは、国民年金と厚生年金で方法や申請に必要な書類が異なる場合があります。どちらも基本的には市町村役場や年金事務所に申請し、戸籍謄本や住民票、規定の書式の医師の診断書が必要になります。もし20歳以下のお子さんの障害年金の申請であれば、戸籍謄本と生計維持関係を確認するために世帯全員の住民票、子の収入が確認できる書類か在学証明書、学生証になります。交通事故のような、障害の原因が第三者である場合に必要な書類は所定の第三者行為事故状況届、交通事故証明と所定の確認書、源泉徴収票や健康保険証の写しのような、被害者に扶養している家族がいる場合、扶養していたことがわかる書類になります。

障害年金受給の手続きの詳細は市町村役場や年金事務所に相談するだけでなく、病院のケースワーカーから話があり、手続きを進めてくれる場合もありますし、事故で対応する弁護士が提起する場合もあります。必要と思われる時には一人で悩まず、積極的に詳しい方に相談した方が心理的にも楽になります。

障害年金は受給しない方が良いものではありますが、万が一の時にはその後の経済面を支えてくれる制度でもあります。また、毎月支払う年金はこのような形で還元される場合もありますので、面倒がらずに納付を行いましょう。